クラシッド










人にも環境にも優しい除菌・消臭剤
ピーズガード お客様の声
製品概要 試験結果 専門家の声
人と環境に安心安全 塩素革命
食添・ピーズガード


完全にしかも強力に防ぐ
ピーズガードは次亜塩素酸イオンをアルカリ水溶液中に安定化させることに成功し、その結果として揮発することがないので、従来の次亜塩素系と全く異なる性質が出現しました。(ph8.5~12.5)
細菌・ウイルス・バクテリアなど有機物(タンパク質)に接触すると遊離した次亜塩素酸イオンが直ぐに反応し、それらを分解消滅させるので、除菌・消臭が瞬時におこなわれます。
除菌・消臭効果が非常に高いことも複数の専門機関※1の実験で証明されています。

ピーズガードの特徴
ピーズガードは、食材の殺菌時には細胞膜を破壊しないので、ドリップ(肉・魚・果実・野菜からの垂れ汁)がなく、色・香り・味ともに長時間維持することができます。
アルコールや従来の次亜は空間噴霧には適しませんが、「食添・ピーズガード」であれば刺激臭も金属腐食も少なく、耐性菌やトリハロメタンの生成もないので、落下菌対策で空間に噴霧が可能です。
調理器具の殺菌では、残留塩素(塩酸銀)の心配がないので、あとから水で洗い流す手間も省けます。
従来品との違い
従来品 ピーズガード
刺激臭がない・適用濃度でほとんど無臭
耐性菌の発生がほとんどない
金属腐食しにくい
漂白・脱色作用がほとんどない
ノロウイルスの除菌・殺菌に有効(試験データあり)
揮発せず長期間(2年)品質安定(試験データあり)
細胞膜を破壊せずドリップなし
トリハロメタン生成の心配がない
殺菌・消臭ともにスピードが早く強力
ph8.5~12.5。適用温度の範囲内であれば殺菌効果は不変
環境にやさしくほとんど無害
人やペットにも安心安全(試験データあり)
空中浮遊菌・落下菌対策として空間噴霧に最適
「食添・ピーズガード」とほかの殺菌剤の特性
注1:次亜塩素酸製品の消臭効果は、噴霧直後に刺激臭を先に感じるため△としました。
注2:皮・布製品が稀に色あせや変色する場合があります。必要に応じて試用してください。
アルコール製品 二酸化塩素製品 微酸性次亜塩素酸製品 食添・ピーズガード
殺菌に必要な時間が短い
殺菌能力が強い
消臭効果がある × × 注1
金属腐食しにくい × ×
漂白しにくい × × 注2
有毒ガスが発生しない × ×
刺激臭がない × ×
揮発しない × × ×
空間噴霧に有効 × ×
可燃の危険がない ×
品質安定に優れる ×
環境への安全性に優れる × ×
耐性菌発生を阻止できる ×
長期保存性に優れる × ×
①アルコールではノロウイルスに効果はありませんアルコールの最大殺菌濃度が76.9~81.4%であるため、60%以下85%以上の濃度では他のウイルスに対しても殺菌力はほとんどありません。

②二酸化塩素製品の特徴は凄まじい殺菌力を有していますが、強力な酸化力により金属・電子機器を瞬時に腐食させ、さらには繊維製品を強力に漂白してしまいます。

③従来の「次亜塩素酸ナトリウム」は強烈な刺激臭があり、また、金属腐食と繊維製品の漂白作用が顕著です。副生産物として、発がん物質のトリハロメタンが生成されます。ところが、成分は同じですが「ピーズガード」製品はそれらの問題点をクリアしたアルカリ性次亜塩素酸製剤です。

④製品比較表には取り上げていませんが、安定化二酸化塩素(水成二酸化塩素)の殺菌力はほとんどありません。殺菌力を持たせるには液剤に酸を添加して二酸化塩素に変換する必要がありますが、その変換の際のリスクは②で示した通りです。

⑤「ピーズガード」は水道水で希釈する通常の微酸性次亜塩素酸製品と異なり、品質劣化はほとんどありません。各比較項目で優れている上に、高純水(ROイオン交換)希釈の高級品ですので、最高品質(効果と安全性)を追求されるユーザーに最適です。
※1 ビジョンバイオ(株)・(社)京都微生物研究所・(財)畜産生物科学安全研究所
お問い合わせ
PAGE TOP
戻る