クラシッド








バイオの力で生ごみを大幅に減容
マジックバイオくん 設置事例
生ごみは土が食べてくれる。

食品資源リサイクル機器

マジックバイオくん

食品関連事業において日々排出される大量の生ごみ。
燃やせばダイオキシンなどの有害物質が発生する可能性があり、乾燥させても大幅な減容は見込めません。そのまま廃棄しようとすれば、事業系ごみの処分コストが増大します。生ごみに適した処理方法とは?答えは自然摂理の中にありました。

マジックバイオくんとは バイオ式処理の特徴
バイオ菌が持つ「有機物を発酵分解する」を使い、生ごみを水蒸気と炭酸ガスに分解、大幅に減容し、毎日発生する大量の生ごみを効率よく処理するための生ごみ処理機です。自然界の土に生息する微生物から選出し、独自に特殊培養した菌体【バイオテック・ユーノサ】の働きにより、より効率的な発酵分解環境をご提供できます。 マジックバイオくんは「バイオ式」と呼ばれる処理方式を採用しています。これは微生物の働きで大幅な減容化を行うタイプで、高い減容力が特徴です。
また、処理時に高温になるガス乾燥式に比べて加熱処理を行わないバイオ式はメンテナンスや掃除も簡単です。
ご提案
させて
頂きます。
リサイクルループによる地産地消 食品リサイクル法問題に対応 ●環境意識の高い子供たちを育てる食育
●エコロジー企業として地元への貢献
●環境衛生法、エコな取り組みによる地元でのイメージアップ
●生ごみのニオイの問題を解決
こんな所で活躍しています。
■学校 ■福祉施設
■病院 ■食品加工施設
お問い合わせ
PAGE TOP
戻る